鈴木歯科

tel

ブログ

築地の場外市場

 先日、患者様のご迷惑も省みないで、平日を強引に休診し東京の学会に参加してまいりました。
実際の会は午後からだったのですが、午前6時のあずさに乗り東京に向かいます。
時間もあるので前から行ってみたかった 、築地の場外市場に行ってみました。さすがにここは東京の台所といわれるだけあり、人がいっぱいで活気があふれています。
そして様々な食材があふれています。
道沿いにはカウンターだけの食堂が無数にあります。お客さんは道行く人も気にしないで、オープンエアの中ガツガツと食事をしておりました。
私も同行した女房と一緒に、新大橋通り沿いのマグロ丼 で有名な瀬川 に入り丼を注文しました。メニューはマグロ丼700円と今だけ丼1500円のみ。ここのまぐろはいわゆるまぐろ肉ではなく、づけ肉を使ってます。のりときざんだ大葉としょうがが入っており、おしんこがつきます。でも一緒に出してくれるお茶がいい感じの渋茶。 おいしいです。
一口食べての感想は、うーん、うまい、こんなおいしいマグロ丼食べたことない。山国の信州人て悲しいですね。700円で感動してしまうなんて・・・・
さてここに来る人はハシゴをする人が多いんだそうです。やっぱりおいしい物はいくらでも食べられます。というわけで次は 蔵マグロという回転寿司屋に入ります。いきなり大トロ二貫 を注文します。690円です。この味もすごい、おいしいです。でも本当に感動したのはコハダです。
私はこんなにおいしいコハダは初めてたべました。うまい、うまい、感動的です。
お店のお姉さんに聞いてみたら、ここら辺の店は土曜祝日は多くの店が休みのところが多いのですが、ここはしっかり営業しているそうです。
今度またきて、いろいろ食べたいと思いました。
皆様も機会があれば築地行ってみて下さい。おいしいですよ。
 さて遊び過ぎた罰があたったのか、この日は講演会場にジャケットを忘れて来てしまいました。帰りのあずさも乗り遅れました。 充実した一日でした。

2006.03.06
鈴木歯科医院

芸術館レストsay

先日スタッフの親睦とねぎらいのため、食事会をしてきました。
毎度の事ではありますが、どこで、なにを食べれば医院のスタッフが喜んでくれるか、本当に悩むところです。
 なるべく皆が知らない、初めてのところを選びたいのですが、なにしろスタッフも地元ですから、友達や彼氏と?または家族と食事した店も多いのですね。前に行ったことがありますとか、この店あんまりおいしくないんですよねとか、言われたくないですからね。うちのスタッフは人柄がよいので口には出さないですが、顔を見るとすぐにわかってしまいます。ですから連れて行く立場としてはいろいろ考えてしまいます。
そんなわけで今回選んだのは、旧市民会館のところに出来た松本市民芸術館の中にある、芸術館レストsayです。
ここは夜になると大きな木に白と青のLED電飾がキラキラ輝く事でも有名です。皆さんも車で通った時にご覧になりましたでしょうか。でもそんなところに食堂があったの??と驚かれる方もいらっしゃるでしょう。
入り口を入って長いスロープを上っていくと、劇場の反対側、道路沿いにこのレストランはあります。
天井は高いし、ガラス張りで雰囲気はなかなか高級です。値段もちょっとだけ高めかな。夜景を見ながらの夕食会にはうってつけです。
さて料理はベースは日本食、やや無国籍調と言ったところ、きちんと調理されていてどれもおいしい。結構うるさい我が医院のスタッフもニコニコしながら食べています。
とにかく健康でよく食べてくれるスタッフですので、たくさん出して頂きました。ですからメインの肉料理が出てきた頃には、私はもう満腹状態でした。
年のせいか、野菜類、特に大根の煮物?が一番おいしかった・・・?
ここで宴会を頼んだ時に感心したことが一つあります。それは会食する人の年代、性別等を詳しく聞いて来たことです。たぶんこの聞いた事をふまえて味であるとかボリュームを決めてくれたと思います。なかなかよいサービスだと感心致しました。

2005.12.06
鈴木歯科医院

医院の合宿

先日、医院の合宿をしてきました。医院合宿は今回で4回目、合宿といっても泊まり込みでおこなうわけではありません。一日たっぷりと勉強します。
今回は美ヶ原温泉のうつくし荘でおこなうことになりました。
ここは低料金でなかなか料理もおいしいと評判です。
当日朝8時、医院に宿からお向かいの車が来てくれました。ドライバーは宿の若旦那でした。
早速、筆記用具、ホワイトボード、プロジェクター、パソコン等を積み込みスタッフ一同そろって出発します。車でたった10分ほどの距離ですが、朝からなんとなく遠足気分、スタッフも普段より和やかな顔をしています。
宿に着くと女将さんに案内され部屋に入ります。大きな窓から松本の市街が見わたせ、いい景色です。一杯お茶を飲み、しばし和んだところで準備をし、医院の勉強会を開始します。
今回はスタッフが日頃、悩んでいる症例を持ち寄り、検討しました。
しかし普段と違う場所での勉強会は結構大変です。
充分に準備をしたつもりでもいろんな物を忘れています。無い物はそのままやるしかありません。当日もウッカリしてプロジェクターのスクリーンを持って行くのを忘れました。旅館の女将さんに聞いても当然あるわけありません。でもスタッフの一人が部屋の襖にプロジェクターを投影することを思いついてくれました。
おかげさまで襖に描かれた花柄模様がすこし気になりますが、充分に見ることが出来ました。
こんなハプニングが起こるところが医院合宿のよいところです。
さて堅苦しい勉強会で楽しみなのはやはり、食事という事になります。
お昼は別室で懐石料理を頂きました。みな緊張が解け、よく食べること、やはり若い人は違います。デザートを食べ終わる頃には、すっかりリラックスしていました。
普段院内でおこなうミーティングとは異なり、景色のよい部屋で、お茶菓子なども用意されており、和やかな雰囲気で効率よく勉強をおこなう事ができました。
しかし、せっかく温泉があるのに入れなかったのはちょっと残念でした。

2005.06.06
鈴木歯科医院

東京の渋谷

東京の渋谷に行って来ました
先日家族で東京に行って来ました。
今回の目的は前から子供と約束していた買い物です。
まずは新宿から普段は絶対に行かない渋谷に向かいます。若い人の波に押されながら駅に出たところで、ちょうど昼飯の時間となり、駅の近くの回転寿司の店で腹一杯寿司をたべました。なんの取り柄もない店ですが、松本の寿司屋よりずっとおいしいのはなぜなんでしょうか?悲しい現実ですね。
さてこれからがいよいよ大変、あっちの店こっちの店と若い人の服を売ってる店に寄って行きます。極めつけは渋谷の109、これには参りました。元祖カリスマ店員発祥の地(もう死語でしょうか)、大音量の音楽、若い人の熱気が充満しています。しかしおじさんは私以外誰もいません。見事なくらい若い人たちだけでした。1時間を過ぎたところで疲れ果てて、とうとう通路に座りこんでしまいました。まわりの若者がクスクス笑いながら通りすぎて言ったように感じたのは私の気のせいでしょうか。
私はこれはダメだと悟り、皆と別れしゃれた喫茶店で待つことにしました。
さすがに渋谷の喫茶店は内装もきれいで、おいしそうなケーキがたくさん並んでおりました。特に私の頼んだミルクティーは大きなポットできて大変おいしかった。
そばには有名なFM東京のスペイン坂スタジオがありなにやら人だかりが出来ておりました。
 さて買い物がやっと終わったところで、ついでに近くにあった東急ハンズをのぞいて見ることにしました。ここはDIYのお店ですが松本のお店とは違いいろんな物がそろっています。今回は先日製作したスピーカーの保護のカバーを一つ700円なりを二つ購入致しました。
  泊まりは本郷の小さな宿に泊まりました。ここの近くには東大の赤門があり、道行く人がみな頭がよさそうに見えます。そばのスターバックスにはパソコンを手になにやら勉強している学生さんがたくさんいました。
夜近所の焼き鳥屋さんでビールを飲みながらほっと一息、イヤー本当に疲れた一日でした。

2004.06.08
鈴木歯科医院

でかい態度で渡り合え!

先日医院を休診して東京は虎ノ門パストラルでセミナーに出席しました。
実はここ虎ノ門は私の本籍地なんです。とは言っても昔ここにご先祖様が住んでいたと言うだけで今は何もありませんが、歩いていると懐かしいような気がしますから不思議な物です。
今回は特別講演として近藤藤太社長のお話をお聞きしました。
近藤藤太社長はあの岸信介総理とアイゼンハワー大統領(米国)の会談の時の通訳をしたことで有名です。また最近ご自身で「でかい態度で渡り合え」という本を書かれましたが、今回はそのまんまの講演で非常に感銘を受けました。
藤太さんの話はちょっと他の人の話とは違います。5歳の時から、恋人アイリーンをめぐってアメリカ人のライバルと戦った話。まだ日本人が認知されない時代にアメリカのニューヨークで日の丸を掲げて堂々と事業をしていた話等、すごい話がたくさんあります。
 しかし私が一番ショックだったのは、戦中戦後の人間の本性を見た話をしていただいた事でしょう。終戦直前の満州で日本軍のトップの方々が、日本人を見捨てて真っ先に逃げていった話。
残された日本人がゲリラにおびえながら徒歩で命がけで逃げた話、赤ん坊が泣くと気づかれるのでお母さんがみずから、自分の赤ちゃんを窒息死させる話。
親が足手まといになる幼い子供を現地の中国人に売ってしまう話。
自分だけ、復員船に乗ろうとして、足にしがみつく自分の奥さんを、海に蹴り落とす旦那さんの話など。淡々と語られました。
人間は所詮I Love Me 、でも、だからこそI Love Youが言えるんだと言われました。
とにかく87歳なのにこのものすごいパワーはなんだ!!すごすぎます。人生は50過ぎて からやっと本番になると言っておられます。
先生は55ですべてを無くしたそうですが、ふたたび復活し、70でオーストラリアにすむようになり (ゴールドコースト)、80で今の奥さん怜さんと結婚したそうです。
男らしく生きろ、 はっきり物を言え、目をそらすな。等少しお話しただけですが、 ずいぶんと怒られました。そして夢を夢で終わらせてはいかん。絶対に実現しなさい。 と私に言って下さいました。
 今の日本の為には一人でも多くの日本人ファイターを作らなければいかんともおっしゃっていました。 先生のいうEnthusiasm(熱誠)Inside God(内在する神)に私は本当に感動致しました。
会場にいる参加者が圧倒されるパワーが肌に感じられる そんな先生でした。
あまりのパワーの強さに翌日は5時に目が覚めましたメチャメチャすごい体験を してきました。 著書でかい態度で渡り合え!」近藤藤太 フォレスト出版

2004.06.06
鈴木歯科医院

ヨシオカ駒ヶ根工場

先日、運転が嫌いな私としては珍しく高速で駒ヶ根まで行ってきました。
 行く先は(株)ヨシオカ駒ヶ根工場です。外見はよくある普通の工場です。もともとはワープロの部品を作っているところで、工場内に入ると整然と各種の自動工作機械がならび、油の臭いがしています。
 皆さんは何で私がこの工場に来たか不思議にお思いになるでしょう。
実はここの工場の奥には真新しい建物が二棟有り、最新の歯科材料である、歯科用人工歯根(インプラント)を作っているのです。
 今回はお願いして、最新鋭の工場の見学をさせて頂く事になったのです。
この材料を作っている会社はプラトンジャパンという会社で、社長は神蔵さんという言う方です。年は70??才ですが、元気はつらつ、大きな声でしっかり人の目を見て話をする方です。
社長は変わった経歴の持ち主です。
これからは世の中に貢献したいと考え、57才で長年努めた大手の製作所を退職してしまったそうです。そしてしばらくは省エネの研究等に取り組んだそうです。
しかし、同級生が皆リタイアしていく中、逆に自分で会社を作ることになってしまったそうです。そして13年前からは、未知の歯科用人工歯根の開発にとりかかり、とうとう8年前に製品化に成功しました。
ここの製品は西欧の製品と比べても品質的に優位なところがあり、近年はシェアを急速にのばしております。
特に国内で、日本の技術で、日本人が作ってしかも優秀だという、しかも長野県だというところが心を揺さぶられます。
 工場内はすべてクリーンルームになっていて、自動の工作機械、ロボット等が静かに動いています。スタッフは帽子、マスク、着衣等真っ白な格好で働いておりました。
社長の「機械も技術も日本が世界一、外国の製品も日本の機械で作っているんだから、負けるわけないですよ。」という言葉、最近こんなうれしい、力強い言葉は私はひさしぶりに聞きました。

2004.06.06
鈴木歯科医院

新潟までドライブ

先日たまたま平日に休みがとれたので、新潟までドライブにいってきました。
とりあえず海がみたいということで、愛車で中央高速長野線を一路北に向かいました。特に目的もなく時速も100キロ以下でトラック、軽自動車等に抜かれ放題ののんびり運転です。
上越で北陸道へ乗り換え2時間30分ほどで柏崎に到着いたしました。
ここはリアス式の海岸線と美しい山々に囲まれてとにかく景色がきれいなところです。
 海岸線に沿って車を走らせていくと今は誰もいない海水浴場が続いています。
 ちょうど昼ご飯の時間ということでここの近くのフィッシャーマンズケープに立ち寄りました。ここのホテルシーポートのレストランでは海の香りがたっぷりのおしゃれなシーフードメニューがたくさんありました。
ただし値段は少々高めで定食(なんかもっと格好のいい名前だったけどわすれました)は2000円から、オーイこんなのどこでもあるじゃないの。
 何か店に入るのをためらっているときに、ふと下にある鮮魚センターをみると棟のはずれに寿司屋があるのを発見しました。
 この店は地魚処鮨健という格好はあまりよくない、しかも小さなお寿司さんです。ここは値段はとってもリーズナブルで800円から普通のお寿司が食べられますが、おすすめはなんといっても地魚寿司1600円でしょう。山の人間にはよくわからない白身の魚のお寿司がいっぱいきます。
確かにこのお寿司はおいしく、しかも大きなお椀にいっぱいのお汁がついてきて、結構お腹にたまりました。しかし私のような山の住人には当たり前の鮨、鯖、鰯,アジなどのほうが、べらぼうにおいしく感じられました。いつかは海のそばに住んで毎日魚を食べたいなあ。
 食事の後はここの海岸、米山国定公園にあるコウモリの生息地狸々洞の断崖絶壁より遙か沖ににかすむ佐渡島をながめました。
近年ここは恋人岬という名で呼ばれ、鐘やら2人でカギを付けると幸せに結ばれるという恋愛成就スポットなどもあります。それらしいカップルもみられ、まるでテレビの一場面のようで、うらやましいかぎりです。
 帰りの途中、新井のパーキングで持っていった携帯バーナーと鍋でお湯を沸かし、青空の中でコーヒーをのみました。外で飲むコーヒーはどうしてこんなにおいしいんでしょうか。みなさんも飲んでみませんか。

2004.05.07
鈴木歯科医院

秋の燃費報告

先日平日に休みが取れたので、新潟までドライブに行ってきました。
このドライブの前後の燃費をはかって見たら恐ろしいほどの違いが
出ましたのでご報告いたします。
走行距離km 燃費km/L 道路状況
ドライブ前 269km 8.37L 市内のみ、暖気運転多数
ドライブ 399km 13.57L 高速と普通道路
いつもながらディオン君は運転の仕方で燃費がひどく変わるので驚きます。
でも13km以上を記録したのは初めてです

2003.10.07
鈴木歯科医院

佐渡までドライブ

お盆に佐渡までドライブをしてきましたので、燃費の報告をいたします。
連日、猛暑続いておりましたので、クーラーは前も後ろもフルにつけておりました。
乗車は4人で荷物はキャンプにいった関係上、ほぼ満載の状態でした。
  走行距離km 燃費km/L 走行道路状況と走行状態
給油1回目  218 7.5 高速道路 フェリー待ち(アイドリング)
給油2回目  200 8.9 一般道 山道 停車(アイドリング)
給油3回目  196 11.4 一般道 高速登り
暑いため、フェリー乗り場、駐停車時等、エンジンを回したまま、クーラーをつけていましたので
燃費は過去最悪の結果となりました。

2003.08.07
鈴木歯科医院

一日合宿

先日医院の一日合宿を白馬八方尾根で行いました。
実はこの合宿も今年で2回目、毎年この時期になると医院の業務、治療、システム等、問題点を解決し、医療業務をスムーズに行う為に行っております。
何で白馬まで出かけてやるんだと言う声も聞こえて来ます。でもこれは院長の趣味です。強引な院長は朝7時にスタッフ全員を連れ一路、オリンピック道路を北上し白馬まで向かいます。
途中、仁科三湖を左に見ながら、9時半には目的地の 八方尾根名木山ゲレンデ前のホテルマリレンに到着致しました。ゲレンデとがホテルの前は花々が咲き乱れて大変に美しく、思わず眠気が吹き飛びました。
 今回はここの一階のレストランを借りて研修を行いました。空気もきれいだし、気分も最高で朝からスタッフ一同絶好調、おまけに日常をちょっと離れただけで気分も思考も変わり、ものすごく研修の能率が上がります。そしていろいろな意見が出るんですね。これはちょっと驚きです。
 さて午後2時までランチの時間まで削って研修をしたところで、本日のお楽しみ、山麓から第1ケルンまで3本のリフト、.ゴンドラ「アダム」・アルペンクワッド ・グラートクワッドを乗り継いで自然を満喫しに出かけます。
一本リフトを乗るたびに拭いてくる風が冷たくなっていくのが解ります。
ゴンドラリフトを降りたあたりからは残雪も見られ一同ビックリ。
さらに上部のクワッドリフト(4人乗りリフト)に乗っていくと白馬三山(白馬岳、杓子岳、白馬鑓ケ岳)が圧倒的なスケールで目の前に広がって来ます。
最後のリフト乗り場から上は残雪が多く、五竜岳、鹿島槍もまだまだ真っ白。
ケルン付近ではきれいな花をつけた高山植物を見たり、残雪で遊んだり、写真を撮ったり、一同大はしゃぎでした。
麓に帰ってきてホテルマリレンでシフォンケーキとお茶をいただきましたが、これのおいしかったこと。オーナーの古橋さんありがとうございました。
これでますますスタッフの意識が向上し、患者様への対応も良くなる?予定です。

2003.06.08
鈴木歯科医院
61 / 62« 先頭...1020...59606162

最新の記事

カテゴリー

以前の記事

TOPへ戻る