鈴木歯科

tel

歯周病DNA診断

歯周病とは?

歯周病とは、歯を支えている歯槽骨(しそうこつ)という骨が溶けてしまう病気のことです。
成人の80%は歯周病といわれています。
原因は細菌による感染症です。そのために細菌の除去が必要となります。

歯周病は感染するの?

答えはYesです。家族間などで歯周病は感染します。
スキンシップ、家族での食べ物の共有、飲み物の共有などから感染します。
一人が治療してもすぐに感染する可能性があるので、ご家族の皆様での治療をお薦めいたします。
また、細菌の感染症なのでお薬で簡単に治すことができます。
※約一割程度の方に効果が出ない場合があります。

歯周病と全身疾患の関係

歯周病は血液を介して全身へ悪影響を及ぼします。
例えば肺炎、脳の疾患アルツハイマー症候群、心臓病、骨粗しょう症、糖尿病、早産・低体重出産などです。
しかし裏を返せば歯周病を治すことで病気のリスクが軽減します。

歯周病菌のDNA検査(PCR法)を開始しました

鈴木歯科医院では一般社団国際歯周内科学研究会の付属衛生検査施設である
Microexam社で、リアルタイムPCR委託検査を開始しました。
日本で付属の検査施設を有している研究会は当院が所属している
一般社団国際歯周内科学研究会だけです。
大学の歯周病科にもありません。

そのために安価な検査が可能になりました。
また、世界最高峰の「Rotor-GeneQ(遺伝子解析装置)」
という機械を使用して診断を行います。

細菌の種類

お口の中には約900種類の細菌が住んでいます。数十種類が歯周病に関係している菌です。
その歯周病菌の中でももっとも悪いと言われているのが
Red Complex(レッドコンプレックス)」と呼ばれる3菌種です。

顕微鏡で確認できるのは形が特徴的な「T.denticola菌」のみです。
「P.gingivalis菌」と「T.forsyensis菌」は非常に小さい桿菌なので顕微鏡では判別できません。
そのためにリアルタイムPCR法によるDNA診断が必要になります。

歯周病は治すことができます。気になる方は早期の診断をおすすめします。

毎日のケア

TOPへ戻る