鈴木歯科

tel

ブログ

宮城県七ヶ浜町の災害ボランティアに参加しました

鈴木歯科医院では4月から歯ブラシの売り上げの全額を義援金として募金しており、総額も86745円となりました。患者様のご協力に心から感謝いたします。ありがとうございました。
このほど私は宮城県七ヶ浜町の災害ボランティアに参加してきました。そしてメディアでは分からない被災地の現状を垣間見、今一度支援のあり方を考え直すべきだと感じましたので皆様にご報告いたします。
松並木が美しい七ヶ浜町は仙台市中心部から車で一時間弱ほど。半島をぐるりと海が取り囲む小さな町で、東日本大震災では大きな被害を出しました。具体的には死者、行方不明者合わせて100人以上を出し、また何百という家屋が流されました。震災から5ヶ月が経過した現在でも瓦礫の撤去におわれており、1日に30~200人ほどのボランティアのみなさんが懸命に被災者支援をおこなっています。
ボランティアに参加し、一番衝撃を受けたことは現地でボランティアに参加している人たちが、カップラーメン1つで瓦礫撤去の作業に追われているということでした。
ボランティア参加者は食料を持参していますが、被災地にとってより戦力となる長期ボランティアの皆さん、そして自らも被災者でありながら町の復興に尽力する皆さんにとっては長期間の食料を独力で確保することは難しく、一般の方から被災直後に支援物資として送られたカップラーメンなどで食事をすることが多いようです。
しかし、月日が経つにつれ支援物資は頻度が減り、カップラーメンの在庫は少なくなり、本当に困っているということ話を伺いました。その他、被害の大きかった海沿いに瓦礫撤去に向かう場合には水道がないためペットボトルの水・お茶などを持参しなければならずそれらも不足しているようです。
 これまで、私たちは日本赤十字社を通じ募金を行ってきました。しかし、残念ながらそのお金はボランティアセンターや個人などの本当に困っている人たちには届きづらい状況にあるようです。現地では赤十字からの義援金はまだ本格的には届いておらず、消耗品を買うほどの余裕がないとのことでした。
鈴木歯科医院では今後復興の前線基地であるボランティアセンターの窮状を考え、微力ではありますが直接支援に切り替えることを考えていきたいと思います。
■被災地の今
細かい瓦礫はほぼ片付き、高台の空き地に20mになろうかという瓦礫の山が出来ています。ボランティアセンターに到着するとまずその光景が目に入り、本当に背筋が寒くなりました。
ボランティアセンターを運営する方のほとんどが被災された町民の方々です。家も仕事もなくした方がほとんどで、その日その日をただなんとか生きていると話していました。
大きな瓦礫は今だ放置されています。草に覆われた田んぼや畑の中にひしゃげた車や一軒家の二階部分が流れ着いていました。美しかった海岸線の松並木はほとんど立ち枯れ、元の風景は想像も出来ません。
町としての復興プランは白紙の状態で、住民としては途方に暮れているとのことでした。重機もかなり複雑な申請を行わなければ使用できず、人の手で少しずつ撤去や清掃を行っている状態です。
あの震災以来“がんばろう日本”というキャッチフレーズをよく聞きますが、その光景を目の当たりして、正直私はがんばれないと思ってしまいました。現実はそれほど凄惨で、壮絶なのです。
しかし、住民の方々は笑っていました。本当に何千、何万の人の支援と、心がうれしいと。生かされた命に今は感謝したいと。そりゃあ生きていくだけで精一杯だけど、なんとかするぞ、と。
思わずがんばれないと思ってしまうようなこの現実を受け入れ、乗り越えようという被災者の方々の勇気や生きる気持ちに本当に感銘をうけました。復興は本当に始まったばかりです。
どうか・・・継続的な支援にご協力をいただければと思います。
20110821ji1.jpg
              被災直後の様子
20110821ji2.jpg
              8月2日 七ヶ浜町の現状
20110821ji3.jpg
              8月2日 七ヶ浜町の現状

2011.08.21
鈴木歯科医院

野菜をいただきました

20110805.jpg
いよいよ夏らしく暑くなる日が増えてきたこの頃ですが、
最近患者様から野菜をいただくことが多くなりました。
特に今年は昨年のように気温が上がらないので野菜の
出来がよいようです。
患者さんによれば、特にキュウリ、ナス等が良いとのこと。
おかげさまで私たちも新鮮な野菜をいただくことが出来、
幸せを感じております。
ありがとうございました。

2011.08.06
鈴木歯科医院

地域医療連携研修会

20110801.jpg
先日地域医療連携研修会として信大口腔外科教授 栗田浩先生の
講演に出席した
「癌医療における歯科の役割」というもの。
今回は講演も大事であるが、普段難症例の患者さんの紹介などで
お世話になっている口腔外科の医局の先生方との親睦を兼ねてい
るので講演後はテーブルに分かれ、若い先生方といろいろな話を
した。
診療の話はもちろんであるが、医局での苦労話や、大学卒後の活
動趣味など、普段聞けないプライベートな話も聞け、若い先生の
立ち位置がよくわかった。
なかには相談なども受け話は多いに盛り上がったが、先生達は
とても多くのストレスを抱えているようだ。
私にも歯学部に通う息子がいるので若い先生方の話はいろいろと
参考になる。

2011.08.05
鈴木歯科医院

2011年7月 急にスタッフが退職しましたスタッフ募集します

十年間勤めたベテランの歯科衛生士が退職してしまいました
おかげで残された医院はオーバーワーク状態、残ったスタッフで
頑張っていますがどなたか医院のスタッフになってくれる方を
急募しています
みんなで一緒に明るく楽しく働けるよう、日々いろいろ活動
しています

募集職種 : 歯科衛生士

社員区分 :  正社員・パート・歯科医師はアルバイト募集

給与 応相談・経験者優遇・社会保険完備(厚生年金等)
休日・ 木曜、日曜、祝日
勤務時間 9:00~18:00

早番制あり

鈴木歯科医院  〒390-0805 長野県松本市清水2-3-1

連絡先 担当者:鈴木さゆり
TEL:0263-32-3443
FAX:0263-32-3653
E-mail: suzuki@po.mcci.or.jp

デンタルカウンセリング、歯周治療に力を入れています。
”「質の高い歯科診療」と「暖かく洗練されたホスピタリティ」”をモットーに診療をしています。
医療人としてだけでなく社会人、一個人として相互に成長し、
人として魅力のある尊敬しあえる関係を目指しています。
      毎年研修旅行(昨年沖縄、1昨年韓国)をおこなっております

2011.07.29
鈴木歯科医院

七夕の宴

20110714de2.jpg
先日「七夕の宴」と言うことで割烹松本館で松本ロータリークラブ
の宴会に出て来た。
ここは国の登録有形文化財の大広間と八角堂手洗があることでも
有名な、明治二十三年創業の老舗。
今回はこの大広間で宴会だ。玄関を入り長い廊下を抜けて階段を上
がると大広間「鳳凰の間」となっており、折上格天井、建具など
各所に壮麗な内装が施されている。
乾杯は地元の山清で、出てくる料理も最近はとても洗練されてき
たようだ。
さらに今回は松本市では近年、芸者さんという職業がなくなって
しまったがこの最後の方々という大御所の2人の方に来ていただき
踊りの披露をして頂いた。
このような格調の高い場所でこんな体験をさせて頂けるのはとても
ありがたいこと。昔は芸者さんがとてもたくさんいたという話も聞く。
夏に向かい、お姉さん方に踊りを教えて頂けるとの話もあり、
楽しい七夕の宴でした。

2011.07.18
鈴木歯科医院

医院の研修をおこなった

20110714de1.jpg
先日医院の研修をおこなった。
今回は講師を招き、ビジネスや電話応対に関するマナーを中心に
講演と講習をおこなっていただいた。
まずは基礎から、ビジネスマナーの尊敬語(相手の行為そのもの
を丁寧に言い表す) 謙譲語 (自分がへりくだり相手への敬意を
表す)丁寧語(言葉や会話全体を丁寧に言い表す)についておの
おの実際の場面を想定しながら、チェックと実践をおこなった。
簡単なようで難しいのが言葉のマナー、コンビニの「100円から
いただきます」などと言う言葉は申し訳ないがあまり知性を感じ
ない、少なくとも医院のスタッフには言ってもらいたくない気が
する。
途中アイスティーと各種お菓子で休憩などした後、電話のマナー
の実践に入った。
アメリカの心理学者アルバート・メラビアンによると人に話をす
るときに伝達する言語情報が7%、口調や話の早さなどの聴覚情
報が38%、見た目などの視覚情報が55%の割合で、 これをメラ
ビアンの法則という。
ところが電話で話をするときはこのたった7%の言語だけで相手
とコミュニケーションをしなければいけないので、大変な困難や、
誤解が生まれるのだという。
こんなことを考え今まで講習を受けたのは初めてだったので、
新鮮な驚きを受けた。
てんぽのよい、楽しい講習であっという間に時間が過ぎてしまった。

2011.07.17
鈴木歯科医院

一日合宿

20110709ko.jpg
先日、医院で一日合宿をおこなった
予定では午前中は医院の各種マニュアルの確認と実施状況
の確認、各種スキルの確認等をおこない、午後は甲府から
講師を招いて実践講習をおこなう充実した内容。
だが当日、中央線が止まってしまったため、講師が松本に
来れなくなり、午後の合宿は急遽中止となった。
おかげさまで午後1時まで研修をおこない、スタッフ一同
で弁当を食べて解散となった。
実践講習は後日またおこなうこととなった。
最近の世の中は何が起こるかわからないと思った次第です。

2011.07.10
鈴木歯科医院

直下型の地震が来た

20110711ji.jpg
先日、松本で地震があった。
発生時は診療前で早く出勤したスタッフが駐車場
についたところ
突然の揺れで右往左往、道路にしゃがみ込む人や、
車を止める人
とにかくビックリしていた。
直下型地震というのは初めての経験で、揺れが
あってから少し間を置いて
携帯の地震速報を知らせるブザーが鳴った。
とにかく怖いものだ
鈴木歯科医院の被害はガラス製のシャーレ一つ
ですんだ。
今後もっと大きな地震が起きるとの噂もあるので、
念のため対策を進めていきたい。

2011.07.04
鈴木歯科医院

長野のデンタルショーに行って来ました

20110629na1.jpg
長野にデンタルショーを見にいってきました
昨年も見に行ったのだが、たった一年見ない間に、
歯科の機器ももう変わってきている。
どこまで行っても、もうこれで良いということは
ないんだとあらためて感じさせられる一瞬だ。
今回、メーカーの方と話す機会があり、医院で使っている
ケンマの機器と、形成の機器を別々にすることで機器の寿命を
飛躍的に伸ばすことが出来ると提案された。
そういえば一年も経たないうちに機器が壊れて修理代が
べらぼうに高くなっていた。
さっそく提案に沿い、改善をおこないたい。

2011.06.27
鈴木歯科医院

ラベンダー

20110615ra1.jpg
医院の駐車場の片隅にラベンダーの苗を植えていたら、先日
数本の花がついて紫の花が咲いているのに気がつきました。
そばに寄って香りがするかどうか確かめましたが、残念なが
ら匂いはしません。
でもこんな小さな花でも気持ちがなごむから不思議ですね。
季節も良いですし、今度ハーブガーデン花でも見に出かけ
ようと思いました。

2011.06.15
鈴木歯科医院
20 / 61« 先頭...10...19202122...3040...最後 »

最新の記事

カテゴリー

以前の記事

TOPへ戻る